04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のアクロティーク

昼過ぎ、買い物に行く途中、現場に差し入れ。
曇っていた昨日と違って、今日はとてもいい天気。
昨日見た外観の感じより、若干赤茶色から、オレンジっぽく見えて。
乾いたらそんな色になるのか、天気いい日はそう見えるのか。
アクロティークとは、表情豊かだなあと思いました。

あ、そう言えば・・・

011_convert_20110713171721[1]

これは昨日の画像なんですが。
おっちゃんが白く塗り直しているこの部分、実は謎の数字のような模様?が浮かんでいました。
「あれ、これってなんですか?」
アートというか、こういう塗り方なんかな?と軽い気持ちで聞いたら、おっちゃんがよくぞ聞いてくれたと言う風に私を見た。
「これ・・・気になるでしょ~?玄関やし、ちょうど目の高さに来るし、も~これはねー・・・やり直しますわ~」
何処となく、許せないわっ!と言う感じの、おっちゃん(笑)。
私的には、引っ込んだ住居部分の玄関だし、そんなに気にしなかったんですが。
修正しないとおっちゃんの気持ちの問題で、許せない、と言うので、任せときました。
ここはどうも、若い職人さんが塗った部分だそうで。
なんか、おっちゃんの美意識が耐えられない出来らしいです
それからのおっちゃん、白く塗り直すの、めっちゃ早い、きれい!
ウソみたいに、魔法のようでした。

そして今日、この玄関の事を思い出し、覗きに行ったら。

006_convert_20110713171638[1]


004_convert_20110713171531[1]

005_convert_20110713171611[1]

もうね、すごくいい雰囲気です。
玄関前に立っただけで、ふんわり優しくて、あったかい気持ちになって。
なんだろこれ、色のマイナスイオン(笑)
私が気にしていた、ドア色との兼ね合いを気にかけてくれてて、リーフグリーンと合うような塗り方してくれてるのも一目見てわかりました。
おっちゃん・・・もう神って呼んでいいですか(笑)
スポンサーサイト

アクロティーク立ち会い

前回(昨日)のネガティブMaxな日記を反省し、今日は心機一転、頑張って立ち会ってきました。
昨日の職人さんたちにも、も一回謝って、持ってきたお茶渡して、笑って雑談して。
実はもう、今朝現場に行ったら、アクロティーク職人のおっちゃんが、全体を修正してくれてました

001_convert_20110712214725[1]

なんかもう、↑これでも良いかな、とか思ったけど
おっちゃん、イヤイヤ、と笑った。

004_convert_20110712214935[1]

↑このままでも可愛いけど、面が大きいので、間延びして見えるので、端から濃く塗って、ボワ~っと真ん中の白い部分に迫るような、陰影のある、雰囲気のある焼き菓子(?!)になるようにしよう、ということに。

窓の窪んだ部分、縁も濃いめに、アンティークコーベルが焦げ茶なのでその上も濃く塗ってもらう事に。
話していると、ことごとくおっちゃんと趣味・話が合うので、余計な説明がいらず、助かった。

ただ、すぐ下、近くで作業見てると、
『おいおっちゃんそれ濃く塗りすぎちゃう
と焦ること多々あったり。
でも、道渡って離れて見てみると・・・

008_convert_20110712220757[1]

あ、アンティーク・・・

おっちゃんと、思わずニヤリ。
「うぅわ、めっちゃカッコイイ!」
「離れてみたら、ええ感じやろ?ほなこの感じでいこか
「はいっ
「雨だれとか、苔カビとかの影っぽい感じも付けてみるわ」
おっちゃん芸が細かいです
そうと決まればと、急いで道を戻る、おっちゃんとうぱるぱ(笑)

しばらく立ち会わせてもらい、11時過ぎに、一度実家に戻り、子どもたちに昼ご飯を。
私は現場で、ただ立って見ていただけなのに、とても暑くて疲れてしまい、頭が痛くて。
食欲なくて、水分だけとってたら、オカンに怒られた。
「あんたそれ熱中症なりかけの症状やん!ちゃんとご飯食べ!梅干しもやで!」
「・・・へいへい
軽くご飯食べ、休んでから、今度は旦那と子どもたちと現場に。
男どもは車に残っていてもらい、私だけ外に。

010_convert_20110712221527[1]

あ、全体の色見に合わせて、店舗の方の玄関も濃い目のグラデーションに塗られてる
ちょっと近づいてみましょう

016_convert_20110712174059[1]

あ~、このココアみたいなモワモワ感、たまりません・・・

015_convert_20110712221829[1]

再び、引いた図。
なんか、当初のふんわり可愛い焼き菓子と言うより、アンティークな渋い?ココア?土?っぽい感じになっちゃいましたが
細かい仕上げはまた明日のようですが、だいたいは、こんな感じで。
旦那も、いいやんとお気に召したようで。
今日は曇っていましたが、また晴れた日に見たらどうなるのか楽しみです。
とりあえず終わって、やれやれ、です

そういや、このおっちゃん、妙にアクロティーク上手いなあ、と思ってたら。
なんと、この人、USJ作られる時、あちらの美術監督さんに直々指名されてアクロティーク塗りに行ったのだそうで。
「あいつら日本語喋らへんし。こっちも全然何言うとるかわからんし。あんたは良いわ、話通じるから」
私にハハハと笑う。
すごい!と言う私に、おっちゃん
「おれ美大出てるしな!」
胸張って言い、みんなに
「ウソやん!」
とつっこまれていた(笑)
すごい人なのに、全然偉ぶってない、楽しいおっちゃんです

しんどい

書こうかどうしようか迷いましたが。

しんどいので、ここで気持ち吐き出させてください。
(ネタに還元もできてない、ほんとに愚痴なので、どうぞスルーしてください)


※ ※ ※
 

今日、現場に差し入れに行った旦那から電話で
「もう正面、アクロティーク塗られてるけど・・・
という衝撃の一言が。

はあっといいつつ、坊主たちを乗せ車で実家に頼み預け、急いで現場に

うそ・・・なんで・・・
うちの家、ほんまにもう塗られている・・・

しかも、うろこのような激しい塗られ方している場所もあり、土曜に伝えておいた優しい・焼き菓子イメージと全然違う。
土曜の時とは違う職人が2人いた。
こいつらは(特にジジィの方は)、昼前私が現場に顔を出した時、私に偉そうな口を聞いたやつだった。
私は、多少態度や言葉が舐めた感じの職人・大工がいても、ちゃんと仕事をして、近隣に迷惑を掛けさえしなければ、たいていのことは流すことにしているので、それはいい。
だがアクロティークは立ち会うと前々から言っている事だ。
これはNさんの指示なのか。それが知りたかった。
ジジィが一番近くにいたので、足を運んだ。
また偉そうな口を聞こうとしていたのを、真っすぐ見据えた。
「この指示を出したの誰ですか?」
こめかみが、熱いのか冷たいのかわからない。目が吊りあがって行くのがわかる。
数年に一度なる。
きっと今、ノロイの顔になっていると思った。
けど、やめようと思ったけど止まらない。
「正面塗る時は立ち会うって言ってたんですけど」
「あ、これ下塗り。直るよ、下塗り下塗り」
「直るって、ガッツリうろこみたいに真ん中濃く塗って、薄くなるんですか」
ジジィがビビってヘコヘコして愛想笑いして助けを求めるように大声で、土曜いた職人さん呼ぶと、裏から出てきた。
彼の顔を見て、少し気持ちが落ち着いた。
彼の説明によると、本当に下塗りで、明日本番で、私の言うようなイメージで整えて行くと言う。
それで、気持ちがスーッと落ち着いた。信じて任せようと。
私が明日の朝来るまで、正面は手ぇ出しませんからと、微笑んで約束してくれた。
「すいません、明日必ず立ち会いますのでよろしくお願いします」と言い、他の職人さんにも頭を下げて帰ってきましたが。
・・・

Nさん・・・下塗りというものがあるなら、言ってくれ。
そして、本番がすぐ次の日あるなら、それも言ってくれ。
立ち会うって、何度言ったらわかってくれるんだ。
他のデコのおうちの人って、アクロティーク立ち会わないのか?
私が変なのか?口うるさいのか?
立ち会うのは、実際時間もかかるし、小さい子どもいてると預ける先にお伺いも立てなければならない。
天候、職人さんの都合もあるだろうが、なぜいつも、こちらが電話かけて確認しなければならないのだ。
モヤモヤ感で、いっぱいだ。
疲れてんのかな、私(笑)


汗だくで頑張っている職人さんの現場に、鬼の形相で乗り込んだ私・・・
全く無駄な恥をかいてしまった。

お試しアクロティーク

今日は昼からアクロティークの打ち合わせに行って来ました。
どんな風に、どんな濃さで塗ってもらいたいのか、職人さんとの話し合いですね。
職人さんは少し照れ屋な感じの、でも優しい気さくなおじさんでした

焼き菓子風とか伝えながら、バルコニーの内壁に、スポンジで色をこすっていってもらい。・・・

006_convert_20110709221735[1]

おお、素敵・・・
焼き菓子と言うか、ミルクココア作った時の、表面のモアモア感と言うんでしょうか。
これも、なんか美味しそう

しかしここは面が狭く、日陰なのでまた外では印象が違うんやろうなあ、とか話していると、実際に、外も1部塗っていただくことに
(そよの現場から抜けて来てくれてはったのに、ありがとうございます

002_convert_20110709221822[1]

おじさん、汗をボタボタ流しつつ、さっそく足場に登り、塗り塗り。
心配しつつ、少し離れた所で見守る私&旦那。

004_convert_20110709221912[1]

アールの立体の縁と、壁の端を濃い目でお願いしますと頼む私。

少し塗っては、私たちの所まで来て確認し、また戻って塗る、を繰り返してくれるおじさん。
丁寧な作業に、ひそかに感心していました。
しかもやりすぎた感がなく、こちらの希望をさりげなく優先してくれるのも、ありがたかったです。

007_convert_20110709222010[1]

うーん、このグラデーション、めちゃカッコイイです

008_convert_20110709222141[1]

薄めかな?と言う所でやめておこうか、と言う事に。
何故なら、後で濃くはできるけど、薄くするのは難しい。
一応、この感じで全体塗ってもらって、その印象見て、また考えます。
うちは正面南向きで、今日はめちゃ天気良かったので、薄めに見えたのかもしれないし。
もしかしたら、多少濃いめに塗ってもらっても、将来日焼けで薄くなるかも・・・とかも思いますが
まあ、また、続きは、次の機会に・・・

プロフィール

うぱ・るぱ

Author:うぱ・るぱ
家族構成
 うぱるぱ(双子座B型)
 気まぐれズボラ主婦
 非・臨機応変
 持久力0(ゼロ) 
 面倒くさいが口癖で
 忘れ物番長…

 夫(蠍座A型) 
 ぶっちぎりで持久力抜群
 几帳面・マメで神経質
 家族大好き淋しんぼ
 独占欲強

 長男(双子座B型)
 天真爛漫・自由奔放
 おちゃらけ担当で
 フレンドリーだが、
 実はかなりのビビり(笑)

 次男(牡牛座O型)
 用心深くマイペース
 自分の可愛さ全把握&
 アピール上手な演技派
 兄ちゃんには及ばない
 程度のビビりだが、時々
 破壊神が降臨する(汗)

・・・という、そんな
男たちに囲まれ、朝から
毎日ガミガミかーちゃんに
変身してるうぱるぱです。

インターデコさんの
ラ・プロヴァンスで
店舗兼住居を建て、
とっても可愛いお店&
お家になりました✿

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。